RAN-upが利用するスワロフスキー

【RAN-up】が利用するスワロフスキーは、高品質のものを利用しております。
カラーはライトローズと並んで大人気のラブリーカラーRose(ローズ)ss20。

 
強い輝きと鮮やかな色彩を実現したスワロフスキーで、XILIONカット(14面)に、
テーブルサイズを最適化することで、強い輝きと色彩を実現したスワロフスキーです。

 
RAN-upが利用するスワロフスキー

正式商品名:SWAROVSKI 2058 XILION Rose Enhanced Flat Backs No Hotfix
Rose(ローズ)ss20

 
 
スワロフスキー (Swarovski) は、1895年にオーストリアのチロル州に創立されたクリスタル・ガラス製造会社です。

創業者はダニエル・スワロフスキー。ヴェルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツなども手がけ、オーストリアを代表するクリスタル・ガラスモチーフで国際的に有名。

独自の製法と加工法によるカッティング技術、クリスタル・ガラスの製造技術を生かし、最近ではラインストーンをはじめ、ビーズ・ペンダントトップ・ボタンといったアクセサリー製品の製造も行っている。

■ スワロフスキー・クリスタル

スワロフスキー・クリスタル・ガラスは、通常のクリスタル・ガラス(酸化鉛 (PbO) の含有量比は約24%)に比べ、酸化鉛が最低32%と多くなっている。そのため、通常のクリスタル(透明)カット製品でも、光の反射加減により虹色に見えることがある。

スワロフスキー製のパーツは通称「スワロフスキー」で呼ばれていたが、2009年にスワロフスキーが「クリスタライズ-スワロフスキー・エレメント」(CRYSTALLIZED TM-Swarovski Elements )、通称「クリスタライズ」というプロダクトブランド名に統一した。

RAN-upのスワロフスキー